上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
書き始めて5回目。ちょっと読み返してみたら、なんかやばい方向へ話が進んでいってますね(^^;
そのうちいろいろなご批判浴びる覚悟をしておいたほうがいいのかなぁ(冷汗)



ま、そうなったらそうなったで真摯に受け止めるとして・・・話はどんどん進んでいくんです(^^)



それと、結構、的を得た内容に纏めるのが大変な作業だと言うことが解りました。
読んでいただいた方で、ココがよくわからん!っていう部分がありましたら、遠慮なく催促してくださいね。
出来る限りお答えさせていただきますm(_ _)m



さて、前回の続き。ハウスメーカーのデメリットは「お金!」ってぶち上げちゃったんですよね(^^;
そのことについてどう考えているかと申しますと、要は「お金が見えない」ってことなんです。
大まかに、新築するときの費用は設計料・監理料・工事費・申請手数料などがありますけどハウスメーカーに新築頼むと設計監理料無いところが多いんです。場合によっては「設計事務所さんは設計料必要ですけど、うちは取りませんよ」なんてことを言う営業さんも居ますよね。企業努力により内部経費で消化してるなんてこともおっしゃいますが、どっちにしろ我々施主が払っている工事代金が主たる収入なんですから、設計・監理料もその中に入ってると解釈したほうが理解しやすい(^^;
ま、それがどうしたというぐらいの話なんですけど、大事なのは建築工事の見積もりってヤツは「設計監理料ぐらい楽勝で飲み込めるぐらい幅がある」ってことなんです。



たとえば壁にクロスを貼りましょう。壁の面積が4㎡あったとしてクロスの上代価格(メーカー小売希望価格)が1000円/㎡だとすると4000円??いえいえ、これに職人さんの貼り手間賃500円/㎡が乗りますので6000円になります。
当然会社である以上、メーカーさんも儲けなきゃいけないのは当たり前なんですからこれは適正に見えなくも無いんですけど、実際・・・建築の上代価格ってほんと形だけの存在。じゃ、いくらで仕入れてるかは会社同士のお付き合いで解りませんけど、私が仕事してるときはメーカーさんに「上代いくら?」って聞いてそれの5~6掛けぐらいで計算機叩いてましたね。(^^;
プラス職人さんの貼り手間賃の中にもメーカー取り分が含まれていることもあります。



たかだかクロス4㎡のお話ですけど、建築工事にはホント沢山の金物やら木材やら部品がありまして、工事種類も基礎工事やら電気工事やら盛りだくさんです。ちゃんと数量拾いされた見積書はそれだけでちょっとした冊子になっちゃいます。それを全てチェックすることなど普通の方じゃちょっと無理。それを口実に「素人の方には詳細出してもお分かりにならないでしょうから・・」なんて大項目だけの見積書出してきたりします。



建築工事 1式 ○○,○○○,○○○円・・・なんて見積書。私だったら断固拒否です(^^)
「項目だけの一式見積もりなんていらないから数量載ってる詳細見積もりだしてね(^^)」って言います(笑)
業者さんが大変だと思います?
詳細見積もり作らなきゃ、項目ごとの一式見積もりなんて書けないんですよ、本来なら。
「うちは坪単価いくらで受けてますから・・」って営業さんの一言も聞いたことありますけど、速攻バイバイですね。\(^^;



数年前にとあるマンションデベロッパーが、新築マンションの内部プランを変更してもいいってオプションで販売したことがありまして、私の知り合いが買ったんですけどね・・・見積上は販売価格から業者プランの内装工事代金を差し引いて、新プランの内装工事代金をプラスするということになるんです。関係上私が見積書をチェックしてあげることになったんですけど、デベからは一式見積もりが・・催促したら中項目までの見積もりが・・・いい加減にしろよッてんで見積もり担当に来てもらって内容の説明受けようってなりまして、当日。私が中項目の見積書で質問したら、担当さん、詳細見積書見て返答してるじゃありませんか(笑)
「そこにあるじゃん。それ見せて・・・(▼▼)」



差引き工事代金の中にあるクロスは500円/㎡(業者価格)で減額扱いになっていて、新プランの工事では同じクロスが1000円/㎡(上代価格)で計上されてましたね(^^;;;;;;;;;;
下地用のコンパネなんてサブロク版(畳一枚)で5000円越え!思わず「私がホームセンターで買ってきましょうか?」(苦笑)



建設業だってお仕事ですから儲けなきゃいけない。それは理解しますけど、見積書のありとあらゆるところに利益を潜ませることが可能なだけに始末が悪いんです。しかも、見積書を精査できる職能は一般の方にはありませんからメーカーを信じるしかなくなりますよね。それが一般人がハウスメーカーと付き合うときのデメリットになるんじゃないかと考えるところなんです。



要は信じられるメーカーを持てるか否か、ナノかも知れません。



私の場合、自分が建設関係者で見積書見れることを告げた上で、「詳細見積書を提出してもらいますけど・・・」とお願いしたところ、一社の営業さんは来なくなりました(^^;;;

くれぐれも、全てのメーカーさんがそうだというわけではないですよ。前回も言ったとおり、私の選択肢の中にはハウスメーカーさん4社残ったんですから。

スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
Secret

TrackBackURL
→http://sumikabuild.blog110.fc2.com/tb.php/5-bc6dbf4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。