上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.05.10 敷地分筆
初期設定も終わり、さて、これからの作業は通常専門の方に頼まなきゃなりませんね。
私の場合、今、敷地の分筆作業を土地家屋調査士さんに依頼しています。現在、座標を確定するためGPSの使用許可?を待ってるところです。最終的な分筆境界線は私自身で建物のエスキスをした上できめるつもりなんですけど・・(これは業界に居た経験上、自分で出来るところがありがたい)
幸いにして、境界紛争的な事ははまったくありませんで、非常に順調な工程でした。後二週間ほどで境界確定できるでしょう。(^^)

実際のところ、家を建てる第一段階で敷地の境界確定をする必要は無いんですけど(プロジェクトの進行に合わせて適当なところでも可)、私の経験上、後回しにするとロクなことがなかった(境界立会いの際、異議が起こっても早く先に進めたいため妥協してしまうとか、敷地の形状が結構違ってて設計変更を余儀なくされるとか)ので、最初にキッチリやっておこうと考えたわけです。



土地家屋調査士さんは、知り合いの不動産屋さんに紹介してもらいました。一度お会いして、非常に事細かく、難解なことを解り易く説明していただき、尚且つキッチリとした仕事をされそうな方でしたので、その場で依頼することにしました。
不動産がらみの問題は一度こじれるとやっかいですから、出来るだけ人当たりのよい交渉術に長けた方にお願いしようと思っていたのです。それとキッチリとした仕事をしてくれる方を選ばないとダメだと思います。
これは公に出来ることじゃないんですけど、実際うちが以前お願いした方のおかげで今回非常に面倒な事態が発生してかなり大変だったんですから!(^^;;



費用は何年か前からオープンになったみたいです。うちの場合は○拾万円でした。思っていたより安く受けていただきました。
スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
Secret

TrackBackURL
→http://sumikabuild.blog110.fc2.com/tb.php/3-224b6ac5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。