上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.06.25 敷地変更?!
突然ですが、敷地変更?!という可能性が先週起こりました(^^;
すでに結論は収束方向へ向かっていますが、その顛末を・・・

私の親父が持っているアパート。築40年の木造なんですけど、今でも数世帯が入居してくれています。長い方だとそれこそ40年住み続けておられます。これまで何度も手を入れ、修繕して来ましたが、先週雨漏りの修理に来てくれた職人さんが
「もう限界ですよ。やるなら全部屋根葺き替えなきゃ・・・」
と判断しました。
尚且つ、シロアリさんも一昨年駆除したばかりなのに、ご入居されてる様子。。

数年来、台風も大型化して来てますし、この先入居も見込めない物件ですから家族会議で入居者にお知らせして解体する方向となりました。

んで、降って湧いたかのように出てきたのが
「そこに家建てればいいじゃん!」論。

その土地。南側は私立の文教施設でして現在はグラウンドなんです。
よって、日当たりバッチリ!視界も少々開けてます。おまけに県道から離れてますんで静かな場所。私も以前からここはいいなぁ・・と思っていた環境でした。

ただ。。。敷地が東西に長く南北に薄いんです。
ここがミソ。南側は開けてるんだから採光バッチリと思うでしょ。
確かにそうです。今は・・・ね(^^;
でも、その南を信じて計画をすると数十年後早ければ数年後、そのグラウンドにもし何か建てられてしまったら完璧アウトになっちゃいます。南北に薄いから南側に庭を取って採光確保できないんです。
これって意外に多い出来事で、南側の駐車場にマンション!とか、南隣の家が敷地ぎりぎりに建ててきた!なんて類です。

自分の敷地は自由に出来るので良いですけど、隣の敷地に建つ建物にまで文句は言えません。それが法律に合致してる以上(日照権とか眺望権なんて論議もありますが)やむを得ない場合が多いのです。

家を建てる際、一般の方が見落としやすい部分だと思います。
今はどうで、今後はどうなる可能性があるか。周りの建物の更新時期をよく観察することは、家を建てる際はぜひ考えておきたい項目だと思います。
で、最悪の場合に対してどう備えるか・・・対策立てておけば良いんです。

ただ、うちの場合・・・前回のように日当たりを気にする両親が居ますので、そのための計画はアパート跡地ではなく、当初の敷地のほうが手の打ち様があるのではないかというのが、設計者&私の結論です。

後は、両方の敷地で何が出来て何が出来ないかを、きちんと両親に見せてあげて納得してもらわなければなりません。それで再度「敷地決定!」(^^;;
スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
Secret

TrackBackURL
→http://sumikabuild.blog110.fc2.com/tb.php/14-683999cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。