上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.06.28 設計期間
先日、ローンの話をしに、ある金融機関に行った時のことです。

係りの人:「で、いつごろ着工ですか?」
私    :「多分、来年の春には・・・じゃないですかねぇ!」
係りの人:「は?ずいぶん早く来られましたねぇ(^^;」
私    :「へ?早いんですか??」

(^^;;;

だって、設計ってある程度工事費考えながらやるもんでしょ。
で、私自身、そんなに儲けてるわけじゃありませんから、適当に設計だけ進めておいていざという時に「そんなにお金借りれませんよ」なんてことになったら大変じゃないですか。
で、あらかじめ自分が借りれる金額見積もろうと思ったんですけど・・

でも、しばらく係りの人といろいろ話してたらその疑問は晴れてきました。
日本の?人々は家建てよう!って思って具体的に動き出してから竣工までの期間が短すぎるんじゃ無いでしょうかねぇ!?
一度アンケートでもとってみたいんですけど、感覚的には設計2~3ヶ月+工事2~3ヶ月の長くて半年ぐらい?

ドキッとしたのは、「一年も掛かるんじゃ面倒臭くてやってられない!」なんていう人たちも居るんじゃないかってコト(^^;;;

設計者として、これまで
「時間をかけてじっくり考えないと施主のためにならない!」
なんてコトを真剣に考えていましたけど、もしかしてそれってニーズに合わない時もある!?
設計事務所は敷居が高いなんて話も聞きますが、これも一因なのかな?

なんてこと考え始めて夜も寝られない・・・ことは無いですが(^^;ちょっとしたショックでした。

実のところ、事務所でも2ヶ月で設計完了しようと思えば出来るんですが、ちょっと悲しいですよねぇ。もっと時間をかけて、あーでもないこーでもないって楽しみながら、家は創っていきたいなぁと思います。

ま、私みたいなのばっかりだと事務所は儲かりませんが・・・(爆)
スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
本日、ブログの引越しをしてきました。
これからお世話になります(^^)

とりあえず、スキンを整えたぐらいですけど、これから徐々に整えていきますのでよろしくですm(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.06.25 敷地変更?!
突然ですが、敷地変更?!という可能性が先週起こりました(^^;
すでに結論は収束方向へ向かっていますが、その顛末を・・・

私の親父が持っているアパート。築40年の木造なんですけど、今でも数世帯が入居してくれています。長い方だとそれこそ40年住み続けておられます。これまで何度も手を入れ、修繕して来ましたが、先週雨漏りの修理に来てくれた職人さんが
「もう限界ですよ。やるなら全部屋根葺き替えなきゃ・・・」
と判断しました。
尚且つ、シロアリさんも一昨年駆除したばかりなのに、ご入居されてる様子。。

数年来、台風も大型化して来てますし、この先入居も見込めない物件ですから家族会議で入居者にお知らせして解体する方向となりました。

んで、降って湧いたかのように出てきたのが
「そこに家建てればいいじゃん!」論。

その土地。南側は私立の文教施設でして現在はグラウンドなんです。
よって、日当たりバッチリ!視界も少々開けてます。おまけに県道から離れてますんで静かな場所。私も以前からここはいいなぁ・・と思っていた環境でした。

ただ。。。敷地が東西に長く南北に薄いんです。
ここがミソ。南側は開けてるんだから採光バッチリと思うでしょ。
確かにそうです。今は・・・ね(^^;
でも、その南を信じて計画をすると数十年後早ければ数年後、そのグラウンドにもし何か建てられてしまったら完璧アウトになっちゃいます。南北に薄いから南側に庭を取って採光確保できないんです。
これって意外に多い出来事で、南側の駐車場にマンション!とか、南隣の家が敷地ぎりぎりに建ててきた!なんて類です。

自分の敷地は自由に出来るので良いですけど、隣の敷地に建つ建物にまで文句は言えません。それが法律に合致してる以上(日照権とか眺望権なんて論議もありますが)やむを得ない場合が多いのです。

家を建てる際、一般の方が見落としやすい部分だと思います。
今はどうで、今後はどうなる可能性があるか。周りの建物の更新時期をよく観察することは、家を建てる際はぜひ考えておきたい項目だと思います。
で、最悪の場合に対してどう備えるか・・・対策立てておけば良いんです。

ただ、うちの場合・・・前回のように日当たりを気にする両親が居ますので、そのための計画はアパート跡地ではなく、当初の敷地のほうが手の打ち様があるのではないかというのが、設計者&私の結論です。

後は、両方の敷地で何が出来て何が出来ないかを、きちんと両親に見せてあげて納得してもらわなければなりません。それで再度「敷地決定!」(^^;;
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.06.23 日当たり
ちょっと溜めてしまいました(^^;

前回打合せの後、ひと悶着(^^;;

現在住んでいる家はこれでもかってぐらい南に面しています。おかげで現在両親が過ごす部屋は朝から午後3時ぐらいまではお日様が差し込みます。
んで、第1案はどうかと言うと・・・場所的に静かなところが良いよねって話と、両親を含む家族のメインは大テーブルのあるスペースだよねって話から創られてましたので日当たり的に言うと現在よりちょいと劣ります。
ココに両親がビンカンに反応しました。

もともと日本人は日の国の民ですからお日様は大事なんですよね。
でも、暮らしの中で常にいいわけじゃない。
生活に有効な光を家の中に導きいれる=南面率を上げるor直射日照を増やす という公式じゃないんです。
しかしこれって以外に理解してもらえない。
案を修正しながら我々と両親の間で共感を得られるようなすりあわせ作業が必要となりました。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
ただいま打合せから帰ってきました(^^)

「設計監理契約」してきましたっ!(大笑)

午前中の一抹の不安はなんだったんでしょうねぇ・・(ゲラゲラ)

このブログのことも設計者の方にお知らせしてきました。見てます?(^^;
そういえば、名前出して良いかどうか聞いてなかったんでまだ言いませんけど、どうしましょう?

いやいや・・・見られてると思うと書きづらい部分もありますが・・・(^^;

今日はプラン(平面図)&模型での打合せとなりました。冗談抜きで「自分で設計したほうがいいかなぁ?」とか「忙しすぎるんじゃないかなぁ」なんてマリッジブルー状態でしたので、設計契約は先延ばしにしたほうが・・なんて頭もあったんですけど、模型見てその考え吹っ飛びましたね(笑)

「あ、ちゃんと伝わってる!」(^^)

不安は直感的に解消されて確信に変わりましたね。んで、ひとしきり盛り上がって「ここはこんなのがいいんじゃ?」なんてことをやってました。
これが第1案ですので、まだ解けてない部分もあります。この先どんどんプランが変わっていって、この原型すら無くなる可能性だってあるんですけど間違いなくいい家になるでしょう。

と、言うわけで今度は逆転。。「早く掴まえとかなきゃ!」ってんで契約してきたってワケです(大笑)

続きはあとで。(ちょっと仕事が・・・)
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
前回の打合せから2週間。
実は先週打合せかと思っていたら私の勘違いで、3回目は今日でした(^^;
いつの間にやら先に先にと進もうとしていたんですねぇ。。。自分自身が(笑)

で、今日午後から打合せなんですけど、冷静になって考えると、一抹の不安が・・・

お願いしている事務所さん。

ちょっと、仕事が多すぎやしませんか??(^^;

監理物件+実施設計+基本設計+相談中で楽勝10件超えてますよ。。

スタッフ2人じゃないですか??大丈夫??

ま、設計する人は並外れた体力?持ってますからあまり心配する必要は無いかと思うんですが、「やっつけ」されると洒落になりませんから・・・

そこら辺も設計者選ぶときは気をつけなければならない要素かもしれないと思います。中には「これ以上は受けられない」って折角の仕事を断る人も居るぐらいですからね。(そこらへんもコダワリの表れ)

これまでの会話でその心配は無いと思うんですけど、そろそろ設計契約も視野に入ってきますので、今日はそこら辺もチェックです!!(^^)
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
ヤバイ、ヤバイ(^^;;
明日、打合せなのに、前回打合せの記録を書いてませんでした。
ためる前に、あわてて書きます(恥)

前回の打合せは、家族からの要望や私の考えを確認しながら基本的な家の骨格を模索する作業でした。
まだまだ始まったばかりで、Sさんも私もお互いの感覚のズレがつかめませんのでそれのすり合わせみたいな作業です。
普通打合せって何かを決めるためにやるんですけど、今のところ「共有する」ために無駄話をいっぱいするって感じですかね。
結局二時間かけて、なんとなーくゾーニングこんな感じ?ぐらいです。
それよりも、建築家誰が好き?系の雑談に花が咲いてました(笑)
私自身、来年の春ぐらいに引っ越せればいいかなぁ・・・程度の感覚ですし、時間をかければかけるほどいいモノが出来上がるのは解ってますから、まったく急ぎません。

設計料は200万ぐらいになるでしょうけど、それで一年もかかってキッチリ面倒見てくれるんですから安いもんだと思いませんか?

明日も無駄話の続きに行ってきます(笑)
あ、そういえば、明日は設計契約の話もしなきゃいけないんだった。(汗)
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
 これまで書いてきましたが、私の中で最後まで残ったのはハウスメーカー4社、設計事務所4社でした。先日、この中から1社に決定しましたので、その経緯(選択にいたったわけ)を書いていこうと思います。

 基本的には消去法なんですけど、まず消えたのはHM4社。やはり、金銭的な不明瞭を見逃すことは出来ませんでした。金銭的に余裕があれば最後の最後まで消えないだろう1社があったんですけど、余裕まったくありませんので(^^;;

 で、ついでに消えたのが設計事務所2社。どちらもいい設計します。かなり人的にもいいものがあります。が・・・どちらも施工まで一貫でやっちゃうんです。
結構最近多い形態なんですけど、これだとHMと金銭的には同じ構造になっちゃいます。 私の中の正論では、やはり設計事務所は施主と工務店の間に位置していて、施主の見方であるべきなんです。

金銭的に不明瞭になりやすいものを誰がチェックするのか?素人じゃ無理です。
仮に悪意を持った業者が居たとして、誰がその手抜き工事を見抜けるのか?

建築という難しい作業を安全にかつ適正に進めるために施主が雇うのが弁護士ならぬ設計者だと思います。一貫で請け負う設計事務所やHMにきちんと仕事をしてくれるところも当然あるし、実際上記6社もその中に入ると思うのですが、私の中でどうしても正論を貫きたかったという思いが勝利したという結末でした。

 んで、あと専業設計事務所が2社。1社は私の知り合いが勤めていた事務所で、内情はある程度わかっています。所長の考え方も好きです。が、ちょっと想いが強すぎる・・・というか真剣すぎる?(^^;
いい作品なんです。どれもこれも。だけど、子供たちの顔があまり見えない(感じられない)、建築的に成熟しすぎてる気がしたんです。
今回の私の家は子供も3人居ますし、建築に興味があるのは私だけ。家族は楽しい生活を夢見てるんですよねぇ。。。そこに整然とした建築は似合わないような気がして。。。私的には超好みなんですけど、止めたほうがいいと判断したわけです。

で、最後に残った1社。決め手は・・・(^^; 実は5~6年前に一度だけお会いしたことがあったんです、Sさんに(今回の設計者)。他愛も無いことですけどそのとき彼は黙々と色タイルでパターンの検討をしていました。そのとき私は立場的にお客さんだったんですけど、たいした挨拶もしてもらえずに・・・(笑)
状況描写ヘタクソですけど、そのとき(この人、ホント建築好きなんだねぇ・・)って思ったんです。その後特にお付き合いがあったわけでもないんですけど、そのときの印象が焼き付いてました。で、今回「家建てるぞ!」って決めたとき、丁度話をする機会があって・・・ほとんど本命だったんですけど、決定打を放ったのはそのとき一緒に居られたYさんでした。
 お二人で事務所を構えられて設計はSさん、工務(監理)はYさんが見ておられるような感じ。こんなこと書いたら怒られちゃいますけど(^^;ちょっと個性が前に出るSさんをYさんのオールラウンドな雰囲気がカバーしてるっていうか。。私自身はSさんタイプなのでSさんと話すの楽しくってしょうがないんですけど、一般の方だと緊張しそうなときにYさんの存在はいいですよねぇ(^^)
事実、この前(木曜日)の打ち合わせでも、私とSさんが煮詰まってるときに横からYさんが出てきて、「それ、絵を描いてからにすれば?」って・・・(^^)
 いやぁ、いい感じなんです(笑)この先、いろいろあるだろうし、この事務所が一番って確信があるわけではないんですけど、この人たちと家づくりするのは楽しいだろうなって感覚がもてるのは充分設計事務所を選択する理由になると思ってます。

先日(28日)に2回目の打ち合わせがありました。そのときの様子はまた後日(^^)

にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。