上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.05.30 設計事務所考
前々回でハウスメーカー書きましたので、今回は設計事務所考です。
よく言われる話ですが、「設計事務所は敷居が高い」「設計者の好きなようにされて、施主の思ったとおりに行かない」「高くつく」なんてのがありますね。
実際、敷居の高い設計事務所も好きなように創ってくる事務所も高くつく事務所もあります(^^;
でも、同時に敷居低くて施主のわがまま聞いてくれて安くするように頑張ってくれるところもあるんです。
要は、事務所は個人や小規模のため、設計者個人の考え方が表面に出やすく、それが施主にとって合う合わないといったものとして顕在化することがあるんだと思います。
設計事務所のデメリット→当たり外れがでかい!・・というか設計者変われば建築はゴロゴロ変わるってことです。こんなこと書くとまーた怒られるんだろーナって思いながら書きますけど(^^;ほんと設計者選びは慎重にしましょう。

じゃ、どーやって選ぶの?って声が聞こえそうな気がするんですけど、選ぶためにはちょっとお勉強しなくちゃなりません。

まず、建築家ってどんな人種でしょう?

私を含め建築の勉強をしてきた人間は「住宅は個人の財産であると同時に社会の財産である」って習います。公共施設ならまだしも、なんで個人の住宅が社会の財産なんでしょう?
ひとついえることは、住宅が建つとそこに新しい景色が出来ますよね。それが集まると町の風景になりますよね。つまり住宅建築は町の景色を創る行為でもあるため、個人の趣味志向を求められつつも、それを街に馴染む様翻訳しなければならないと言うことなんです。単純に考えると、美しい建物はいいですよね。。汚い建物は困りますね。。

 で、私が勝手に考える困った建築家方程式
  建築=美しい=芸術=建築家=芸術家
       →「住宅は芸術だぁ!俺が設計する家は俺の作品だから
         シロートの出る幕はねぇ!」

もうひとつ学校で習うことがあります。
「施主が描く暮らしをかなえるだけじゃなく、その先にあるよりよい生活を発見できる家を創りなさい」・・・いい話でしょ(^^)
でも、そこからちょっと行き過ぎちゃうと、人間の喜びとは何ぞや?はたまた人間とは何ぞや??がクレッシェンドして・・・

  住宅=暮らし<人間性=哲学者=建築家
       →「住宅は修行場である!雨漏りしたらお蔭様で雨が降ったことが
         わかったと感謝せよ」

とても、言い尽くせたとは思ってません。結構微妙なニュアンスがありまして、上の2例を悪い設計者例と言い切ることは出来ないんです。逆に上の2例をまったく気にしない設計者のほうが悪い気すらします。大事なのは人間の暮らしを一生懸命考えて、社会性も一生懸命考えて、施主のことも一生懸命考えてくれる設計者が一番だということです。

で、どうやって見つけるか?
設計者と話すしかありません。(ガクッ)
でも、上の芸術家・哲学者かどうかは、意識して話してればその「程度」がわかると思いますよ。話していて、押し付けるでもなく、かつ、自分の夢が広がるような気分になれれば結構いいかも。。(^^)
もし、まったく芸術家でもなく哲学者でもなければ安心じゃなくって撤退です。建築士という資格・技術だけで家を建てるぐらいなら絶対ハウスメーカーのほうがいい家が建つと思いますねぇ。

もうひとつ気にかけておくことは、性格がキッチリとしているかどうか。
建築という作業ははっきりいってトラブルの連続です。それで無くともトラブルのに、いい加減な性格だと起こらなくていいトラブルまで見なくてはいけなくなります。平気で時間に遅れるような人は退場願ったほうが得策です。

そして最後に、コミュニケーション能力。
設計事務所は基本的に施主の要望を聞き、それを図面にして工務店に渡し、現場を監理しながら施主の家を形にする仕事です。実に多くの人々の中に立ち、意思疎通できなければなりません。もともと日本語は表現豊かな言語です。それをきちんと理解して表現できる、言い換えればきちんと言葉を使える人を選びましょう。話していて気が合うかどうかも大事な部分ですよ。

とりあえず今回はココまで。
次回は私の設計事務所選択理由を書きます。
スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.05.30 設計者決定!
本当は設計事務所考書いてから・・って思ってたんですけど、急展開して設計者決定しました(^^;
一応新築日記なので時系列を追いますと・・
5月24日に私と設計者での初打合せ。5月26日に設計者と家族の顔合わせがありました。で、明日2回目の打合せです。ココからしばらくは私と設計者の打合せになります。(まだ、このブログのことを設計者には知らせていませんので、当面名前は伏せます。仮にSさん、Yさんとしておきましょう)

さて、設計者の決定理由はなんだったのか?

まずは設計事務所考書いてから。(^^)
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.05.23 まじで?
なかなか書く暇がありません(^^;
次回は設計事務所考(1)のつもりなんですけど・・・

今、今回の計画の敷地測量図があがってきたところなんですけど、とにかくビックリ!
あまりに複雑すぎて説明できませんが、単純に分筆登記すれば済む話じゃなくなりました(涙)
「こんなことってあるんですねぇ!」
ってくらいな事態です。(^^;;;;;

本来なら登記きちんと済ませてから次ぎ行く予定だったんですけど、やむを得ず設計と同時進行でプロジェクトを前に進めます。

土地って難しいです、ホントに!!
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
書き始めて5回目。ちょっと読み返してみたら、なんかやばい方向へ話が進んでいってますね(^^;
そのうちいろいろなご批判浴びる覚悟をしておいたほうがいいのかなぁ(冷汗)



ま、そうなったらそうなったで真摯に受け止めるとして・・・話はどんどん進んでいくんです(^^)



それと、結構、的を得た内容に纏めるのが大変な作業だと言うことが解りました。
読んでいただいた方で、ココがよくわからん!っていう部分がありましたら、遠慮なく催促してくださいね。
出来る限りお答えさせていただきますm(_ _)m



さて、前回の続き。ハウスメーカーのデメリットは「お金!」ってぶち上げちゃったんですよね(^^;
そのことについてどう考えているかと申しますと、要は「お金が見えない」ってことなんです。
大まかに、新築するときの費用は設計料・監理料・工事費・申請手数料などがありますけどハウスメーカーに新築頼むと設計監理料無いところが多いんです。場合によっては「設計事務所さんは設計料必要ですけど、うちは取りませんよ」なんてことを言う営業さんも居ますよね。企業努力により内部経費で消化してるなんてこともおっしゃいますが、どっちにしろ我々施主が払っている工事代金が主たる収入なんですから、設計・監理料もその中に入ってると解釈したほうが理解しやすい(^^;
ま、それがどうしたというぐらいの話なんですけど、大事なのは建築工事の見積もりってヤツは「設計監理料ぐらい楽勝で飲み込めるぐらい幅がある」ってことなんです。



たとえば壁にクロスを貼りましょう。壁の面積が4㎡あったとしてクロスの上代価格(メーカー小売希望価格)が1000円/㎡だとすると4000円??いえいえ、これに職人さんの貼り手間賃500円/㎡が乗りますので6000円になります。
当然会社である以上、メーカーさんも儲けなきゃいけないのは当たり前なんですからこれは適正に見えなくも無いんですけど、実際・・・建築の上代価格ってほんと形だけの存在。じゃ、いくらで仕入れてるかは会社同士のお付き合いで解りませんけど、私が仕事してるときはメーカーさんに「上代いくら?」って聞いてそれの5~6掛けぐらいで計算機叩いてましたね。(^^;
プラス職人さんの貼り手間賃の中にもメーカー取り分が含まれていることもあります。



たかだかクロス4㎡のお話ですけど、建築工事にはホント沢山の金物やら木材やら部品がありまして、工事種類も基礎工事やら電気工事やら盛りだくさんです。ちゃんと数量拾いされた見積書はそれだけでちょっとした冊子になっちゃいます。それを全てチェックすることなど普通の方じゃちょっと無理。それを口実に「素人の方には詳細出してもお分かりにならないでしょうから・・」なんて大項目だけの見積書出してきたりします。



建築工事 1式 ○○,○○○,○○○円・・・なんて見積書。私だったら断固拒否です(^^)
「項目だけの一式見積もりなんていらないから数量載ってる詳細見積もりだしてね(^^)」って言います(笑)
業者さんが大変だと思います?
詳細見積もり作らなきゃ、項目ごとの一式見積もりなんて書けないんですよ、本来なら。
「うちは坪単価いくらで受けてますから・・」って営業さんの一言も聞いたことありますけど、速攻バイバイですね。\(^^;



数年前にとあるマンションデベロッパーが、新築マンションの内部プランを変更してもいいってオプションで販売したことがありまして、私の知り合いが買ったんですけどね・・・見積上は販売価格から業者プランの内装工事代金を差し引いて、新プランの内装工事代金をプラスするということになるんです。関係上私が見積書をチェックしてあげることになったんですけど、デベからは一式見積もりが・・催促したら中項目までの見積もりが・・・いい加減にしろよッてんで見積もり担当に来てもらって内容の説明受けようってなりまして、当日。私が中項目の見積書で質問したら、担当さん、詳細見積書見て返答してるじゃありませんか(笑)
「そこにあるじゃん。それ見せて・・・(▼▼)」



差引き工事代金の中にあるクロスは500円/㎡(業者価格)で減額扱いになっていて、新プランの工事では同じクロスが1000円/㎡(上代価格)で計上されてましたね(^^;;;;;;;;;;
下地用のコンパネなんてサブロク版(畳一枚)で5000円越え!思わず「私がホームセンターで買ってきましょうか?」(苦笑)



建設業だってお仕事ですから儲けなきゃいけない。それは理解しますけど、見積書のありとあらゆるところに利益を潜ませることが可能なだけに始末が悪いんです。しかも、見積書を精査できる職能は一般の方にはありませんからメーカーを信じるしかなくなりますよね。それが一般人がハウスメーカーと付き合うときのデメリットになるんじゃないかと考えるところなんです。



要は信じられるメーカーを持てるか否か、ナノかも知れません。



私の場合、自分が建設関係者で見積書見れることを告げた上で、「詳細見積書を提出してもらいますけど・・・」とお願いしたところ、一社の営業さんは来なくなりました(^^;;;

くれぐれも、全てのメーカーさんがそうだというわけではないですよ。前回も言ったとおり、私の選択肢の中にはハウスメーカーさん4社残ったんですから。

にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
あくまでも持論の展開ですのでご了承ください(^^;
私、設計事務所員でしたので基本的にはハウスメーカー否定派でした(過去形)。
数年前からですね。ありなんじゃないかと思い出したのは。。。

考えが変化してきたのにはきちんと理由がありまして、一つは昔のような外見見ただけでどこのメーカーの「製品」かわかるような画一性が無くなり、各メーカーの企業努力による「棲家」に対する理解が深まってきているように感じられること。もう一つは企業体が大きければ大きいほど顕著だと思うんですけど、様々なノウハウを蓄積することができているんじゃないかという性善説的な考えによります。

前者はメーカーが生き残るための施策として当然といえば当然の方向性だと思います。住み手にできるだけ合わせていく本来のオーダーが商品開発や企画開発によってずいぶん可能になってきたのは事実です。後者は私がメーカーを選択する可能性を残した最も大きな理由です。はっきり言ってノウハウが蓄積されていないメーカーに頼む気にはなりません。単純に言い切るわけには行きませんが、施工件数が多ければ多いほど様々なトラブルやクレームがあるはずです。メーカーとしてそれをきちんと処理し、蓄積して改善を目指せば間違いなく品質向上に向かいますよね。また、地震や風水害などに対する実験・研究など規模の小さな会社では手も出せない部分のノウハウも魅力かもしれません。

もちろん、すべてのメーカーに当てはまるわけじゃ無いです。実際、今回の新築計画で私が絞ったメーカーは全国レベルの2社と地方メーカー2社でした。それ以外は何かしら、ハウスメーカーである利点を感じられないと思ったわけです。

ただし、メーカーにもメリット・デメリットがあります。
(当然設計事務所にもありますよ)
メーカーのデメリットはズバリ「お金」だと思います。
これについては次回へ(^^;
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.05.10 敷地分筆
初期設定も終わり、さて、これからの作業は通常専門の方に頼まなきゃなりませんね。
私の場合、今、敷地の分筆作業を土地家屋調査士さんに依頼しています。現在、座標を確定するためGPSの使用許可?を待ってるところです。最終的な分筆境界線は私自身で建物のエスキスをした上できめるつもりなんですけど・・(これは業界に居た経験上、自分で出来るところがありがたい)
幸いにして、境界紛争的な事ははまったくありませんで、非常に順調な工程でした。後二週間ほどで境界確定できるでしょう。(^^)

実際のところ、家を建てる第一段階で敷地の境界確定をする必要は無いんですけど(プロジェクトの進行に合わせて適当なところでも可)、私の経験上、後回しにするとロクなことがなかった(境界立会いの際、異議が起こっても早く先に進めたいため妥協してしまうとか、敷地の形状が結構違ってて設計変更を余儀なくされるとか)ので、最初にキッチリやっておこうと考えたわけです。



土地家屋調査士さんは、知り合いの不動産屋さんに紹介してもらいました。一度お会いして、非常に事細かく、難解なことを解り易く説明していただき、尚且つキッチリとした仕事をされそうな方でしたので、その場で依頼することにしました。
不動産がらみの問題は一度こじれるとやっかいですから、出来るだけ人当たりのよい交渉術に長けた方にお願いしようと思っていたのです。それとキッチリとした仕事をしてくれる方を選ばないとダメだと思います。
これは公に出来ることじゃないんですけど、実際うちが以前お願いした方のおかげで今回非常に面倒な事態が発生してかなり大変だったんですから!(^^;;



費用は何年か前からオープンになったみたいです。うちの場合は○拾万円でした。思っていたより安く受けていただきました。
にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
2007.05.02 初期設定!
まずは初期設定ですね。



我が家の構成は 父・母(70代)・私・妻(40代)・娘3人(小6・小2・幼中)・犬(メス)・熱帯魚(水槽大中小3つ)
冗談抜きで全て大事な存在です。



敷地は現在土地家屋調査士の先生にお願いして測量&分筆作業中ですが約100坪。ほとんどフラットですね。



敷地の特徴は南側は駐車場(20台)、西側は隣家が近接、東側4m位置指定道路にて接道、北側は2階建てアパートがあります。狭苦しさは無いんですけど眺望的にプラス要素はありません。ただ、現在住んでいる家に樹木だけは唸る程ありますので(^^;それを有効活用しようかと考えています。



今のところの予定建築面積は約50坪。その中に私のオフィス(工房)も含みます。大きさは2坪ぐらいでOK。



住戸内部に対する要求はあまりにも多すぎるので後回しにしますが(^^;
基本的には2世帯住宅のキッチンのみ別(2700のメイン+ミニキッチン)なタイプと思っていただければ簡単ではないでしょうか?



あと、これだけは譲れない・・・2600×900以上のメインテーブルが必要!
今回の計画ではこのテーブルのデザインも重要なウエイトを占めると考えています。ワケは後ほど(^^)

にほんブログ村 住まいブログへ人気blogランキングへ ←ランキング参加中!ワンクリックお願いしますm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。